公務員の皆さんにこそしたい、不動産投資のご提案

MENU

  • 投資向きの職業

    公務員は、不動産投資をするのにうってつけの職業。というか、この職に就いているということは、さまざまな投資を行うのに最も適した生き方をチョイスしたことを意味しています。人生は、バラ色です。

  • 不動産投資のコツ

    不動産投資を始めようと決意した公務員の方向けに、この投資の「コツ」を伝授しましょう。不動産の選び方、空室対策のコツ……確実な儲けを固めるために、ぜひとも押さえておきたい知識です。

  • 投資会社について

    不動産投資をサポートしてくれる投資会社について、ここではお教えしましょう。投資には不案内だという公務員の方にも、投資会社は分かりやすく説明してくれて、きめ細かいサービスを提供してくれます。

不動産を使って

不動産投資の仕組み

「不動産投資」が、今、人気です。公務員の人も、そうでない人も、せっせとこの投資に励んでいます。
「投資」というのはそもそも、「資金を投じる」ということであって、つまりはお金をかけて何かをするということを意味しています。
お金をかけて何かをして、その結果、最初にかけたお金よりも高いお金を、収益として手にするというのが、簡単に説明するところの「投資」です。

そして、その中でも不動産投資は、文字どおり「不動産」を使って行う投資であるわけで、ここではお金を不動産にかけ、結果的に不動産にかけたお金よりも多くの額のお金を、収益として得ることが出来るものとなっています。
自分が今、手にしているお金を資金としてさらに増やすという、「資産運用」のひとつなのです。

インカムゲインを得る

不動産投資の結果、得られる利益は大まかに分けてキャピタルゲイン、インカムゲインという2つのものとなっています。
分かりやすく言うなら不動産投資には2種類あって、それぞれの種類で、それぞれの利益を得ることが出来るという感じになっているのです。

不動産の「使い方」で、キャピタルゲインを得る投資か、インカムゲインを得る投資かということが変わってきます。
簡単な言葉を選ぶなら、キャピタルゲインとは一気に多く得る利益のことで、インカムゲインとはコツコツ積み重ねていくタイプの利益のこと。
たとえば、マンションという不動産を買って、買った金額よりも高く売ることが出来たら、差し引き分のドカンと入ってくるお金はキャピタルゲインとなります。
一方、マンションを買って売らずに大家さんとなって経営して、住んでいる人から家賃を得るとき、月々コツコツと利益を積み重ねていくということになるので、得られる利益はインカムゲインとなります。

このうち、今流行っているのはインカムゲインを得る不動産投資。経営上手な大家さんとなって、がっぽり稼ぐことが出来るのです。