公務員の皆さんにこそしたい、不動産投資のご提案

MENU

投資会社について

不動産投資は、多くの公務員が行っている投資の1つです。
不動産投資と一言で言っても、様々な種類があるので、その種類について理解しておいたほうが良いです。
アパート経営、駐車場、REIT、匿名組合型商品などが、不動産投資の主な種類です。
この中でも、多くの公務員が行っているのがアパート経営です。

不況と言われている今の日本ですが、その日本の将来に不安を感じて、20代~30代の人がアパート経営を始めているのです。
その多くはビジネスマンや公務員です。
なぜ多くの人が他の投資ではなく、アパート経営を始めているのかとういと、様々なメリットがあるからです。
まず1つのメリットは、高利回りという点です。アパート経営だけではなく、不動産投資は、長期に渡って収入を得ることができます。そのため、非常に利回りが高いのです。
アパート経営の利回りは10パーセント~15パーセント程度です。

公務員は安定を求めている人が多いですが、不動産投資は経営のノウハウが確率しているので、その安定性を求める公務員にぴったりなのです。
もちろん空室や家賃下降などがある場合もありますが、ノウハウを学び活用しれば、十分補うことができます。
また、少ない投資から始めることができるのも、不動産投資のメリットの1つです。
アパート経営を始めるためには、アパートを購入する必要があります。アパートのような不動産を購入するとなると、多額の資金が必要になると思われますが、ローンを組むことですぐにアパート経営は始めることができるのです。
また、ローンの返済は、アパート経営で得られる家賃収入をあてることができるので、生活も苦しくなりません。